直嶋正行経済産業相は1月20日の参院本会議で、現行の「緊急保証制度」の対象業種の基準などを変更し、新たに創設する「景気対応緊急保証」の対象業種に、医療機関や介護事業を盛り込む考えを示した。景気対応緊急保証の創設は今年度の第2次補正予算案に盛り込まれている。

 藤原正司参院議員(民主)の質問に答えた。
 直嶋経産相は「歯科を含む医療、それに介護業についても昨今、経営状況は厳しさを増している」と指摘。その上で、「景気対応緊急保証の対象業種とすることで、これらの事業に携わる方々の資金繰りを支援していきたい」と述べた。

 2008年10月にスタートした緊急保証制度は、中小企業が民間の金融機関から融資を受ける際に、信用保証協会がその保証をするもの。現在は793業種が制度の対象となっているが、病院や介護施設などは指定業種に含まれておらず、今年に入ってからも四病院団体協議会や全国老人保健施設協会が、医療機関や介護事業者を対象業種に加えるよう要望している。


【関連記事】
病院や老健などを緊急保証制度の対象に―全老健が要望
医療分野への緊急保証制度の適用を要望―四病協
政府が緊急経済対策を閣議決定
第2次補正予算案を閣議決定―厚労省分は5684億円
次期通常国会への提出法案を説明−厚労省政策会議

<著作権法>新聞協会が反対意見書 2次利用緩和に(毎日新聞)
<ハイチ大地震>医療援助で160人に派遣命令 北沢防衛相(毎日新聞)
名古屋市長 住基ネット離脱方針(産経新聞)
個人宅に投票箱配送=衆院選前に預ける−「長年の慣習」と選管・和歌山市(時事通信)
「中国の脅威化」日米で対応=同盟深化協議で提起へ−政府(時事通信)
[PR]
# by pw1cnqgvfp | 2010-01-26 15:19
 今回のネイルは真冬をイメージして真っ白にしてもらいました。もちろん光りモノが好きなのでキラキラも忘れずに。

 まず、透明のジェルを爪(つめ)全体に塗り、次に白のジェルをグラデーションにして塗っていきます。グラデーションとは、先端から根元にかけて、ぼやかす塗り方のことをいうそうですが、爪が伸びてきても違和感がないので人気だそうです。

 白も真っ白のジェルにパールとラメを混ぜたオリジナルを作成。その白を2回塗り、シルバーのラメをかけ、さらにホログラムを上からのせてベースは出来上がり。これだけでも十分キラキラですが、さらに雪の結晶パーツを根元に散らせ、中指だけはパールや大小のラインストーンをおいて一点豪華主義で派手に。

 いやぁ、手間ひまかかっていますね〜。所要時間約2時間。爪が奇麗になったので、手のお手入れもきちんとしなければ。この季節は乾燥するので、こまめにクリームを塗ることにします。

 前回は真っ赤なネイルで見る人を驚かせてしまいました。特に男性陣にはおおむね不評(笑)。

 「男性ってあまり派手すぎる爪は苦手みたい。でも女性はキラキラしているのを好む人が多いですね」

 たしかに服でもそうだなぁ。ファッション誌に「男ウケする服、女ウケする服」なんて特集もあったっけ。

 今回は、どうしても冬のイメージにしたかったので、予約時に「雪の結晶のパーツはありますか?」と聞いたため、前もって仕入れておいてくれたとのこと。光モノが入っているとはいえ、白で上品だから、周りの反応もよいのではないかと期待しつつ、様子をうかがうことにします。(杉山みどり)

                   ◇

 「装を楽しむ」次回は2月2日に掲載します。 

<名護市長選>首相、移設検討への影響の可能性認める(毎日新聞)
<訃報>佐古一さん94歳=元大成建設社長(毎日新聞)
小沢幹事長の対応に理解=「捜査中話せないことはある」−鳩山首相(時事通信)
障害者自立支援法 和歌山地裁和解へ(産経新聞)
安保改定50年で日米が共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」(産経新聞)
[PR]
# by pw1cnqgvfp | 2010-01-24 01:59
 神社への市有地無償提供をめぐる最高裁判決を受け、菊谷勝利砂川市長は20日、同市で記者会見し、「違憲状態を解消するため、住民や神社の運営委員会と話し合っていく」と述べ、積極的に解決する意欲を見せた。
 市長は具体策として、空知太神社の場所を移すほか、神社の運営委員会に市有地を売却するか貸与するなどといった案などを挙げた。 

耐震補強予定ない、65.5%=理由「お金かかる」が半数−内閣府調査(時事通信)
「関西一の女相場師」に懲役3年求刑(産経新聞)
<小沢幹事長>首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
裁判員大阪地裁 元組長に懲役11年 覚醒剤密輸事件(産経新聞)
首相、「起訴されないことを望む」発言撤回(読売新聞)
[PR]
# by pw1cnqgvfp | 2010-01-23 06:56
 大学入試センターは17日、センター試験第2日の信州大工学部会場で理科1の試験を14分早くスタートするミスがあったと発表した。対象となった受験生は23人で、再試験にはならない。

 午前9時半スタートの試験で受験生の一人が配布された問題用紙を早く開いてしまったため、監督者はその受験生に注意することなく、9時16分に全体に「始め」の合図をした。試験時間は規定の60分間で終わりにし、本来の終了時間の10時半まで全員が教室から出ないように取りはからった。【デジタルメディア局】

【関連ニュース】
<特集>16、17日の問題と解答
<特集・受験と私>第16回 「ゲームと一緒 クリアの仕方がある」海堂尊さん(医師、作家)
センター試験:札幌、江別で理科1時間繰り下げ 大雪で
センター試験:今年も地元志向「就職を意識」
センター試験:インフルで欠席 初日は全国426人

<大茶盛>初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)
<火炎瓶騒ぎ>小沢氏宅近くの路上 男を逮捕(毎日新聞)
「梁山泊」実質経営者ら逮捕=法人税4億円脱税容疑−大阪地検(時事通信)
<落とし物>「魔が差した」交番巡査19万円横領容疑(毎日新聞)
愛知県職員に無罪判決=電車内痴漢で起訴−名古屋地裁(時事通信)
[PR]
# by pw1cnqgvfp | 2010-01-22 10:58