<授業不足>3年生で53時間も 北海道網走の中学(毎日新聞)

 北海道網走市の市立第二中学校の09年度の授業時間数が、文部科学省の学習指導要領の規定時間数(年間980単位時間)に足りず、同市教委が当時の校長(3月31日付で定年退職)を厳重注意していたことが分かった。

 学習指導は1単位時間50分だが、当時の校長は5分短縮し多くの授業を45分で実施。その結果、09年度は1年生(58人)が18.6時間▽2年生(55人)が17.8時間▽3年生(70人)は53.3時間、それぞれ不足した。

 当時の校長は当初報告書に記載しておらず、3月中旬に保護者からの指摘で発覚。市教委には「放課後の生徒会など諸活動に割り当てた」と釈明したという。また「慣例としてやっていた」とも説明している。【渡部宏人】

【関連ニュース】
教科書検定:ページ4割増「脱ゆとり」対応
入試出題ミス:理科で、全員に得点 国立高専
学校週5日制
特集:09年度小学校教科書検定 思考力、活用力養成が柱 「言語活動」全教科で重視
教科書検定:ページ4割増 進む「脱ゆとり」−−09年度

<浅間山>警戒レベル1(平常)に 気象庁(毎日新聞)
<栃木県知事>「ゆるキャラ」と番組撮影 県の魅力発信(毎日新聞)
予備費活用検討を指示=学校耐震化促進へ−鳩山首相(時事通信)
調査捕鯨の鯨肉 値下げし販売へ(産経新聞)
少年愛好「ショタコン」国際化、性ビジネス確立(読売新聞)
[PR]
by pw1cnqgvfp | 2010-04-20 02:38