<高千穂峡>落石で小2男児が骨折…ボート遊覧中 宮崎(毎日新聞)

 14日午後1時半ごろ、宮崎県高千穂町の高千穂峡で落石があり、貸しボートで遊覧中だった同県えびの市の小学2年生の男児(8)が、右足の骨を折るなどの大けがをした。同乗していた国家公務員の父親(37)も左手指を切る軽傷を負った。町などによると、落石で観光客がけがをしたのは初めて。

 県警高千穂署の調べによると、現場は高千穂峡の「真名井の滝」北西約10メートルの五ケ瀬川の川幅が数メートルほどまで狭まった場所。家族で観光に来ていた男児と父親の2人がボートに乗っていたところ、高さ約20メートルのがけの上の雑木が倒れ、同時に複数の岩が崩落した。

 ほとんどの岩は川に落ちたが、長さ約50センチ、重さ約25キロの四角すい状の岩1個がボートの中に落ちてきたという。【石田宗久、川上珠実】

【関連ニュース】
北山たけし:“新妻”サブちゃん次女との同居まだ

スカイマーク機、指示高度守らず 入力を忘れる(産経新聞)
<社民・国民新党>野党協議の前に説明を 民主党に要請へ(毎日新聞)
50歳女性、自宅で刺され死亡…夫と連絡取れず(読売新聞)
日本一狭い舟橋村、人口最多更新…3千人目前(読売新聞)
<北海道8区>佐藤健治被告、5年間立候補禁止が確定(毎日新聞)
[PR]
by pw1cnqgvfp | 2010-03-18 23:12