<JAXA>「あかつき」と「イカロス」公開 5月打ち上げ(毎日新聞)

 日本初の金星探査機「あかつき」と、小型ソーラー電力セイル実証機「イカロス」が12日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の相模原キャンパス(神奈川県)で報道陣に公開された。両機は5月18日、鹿児島県の種子島宇宙センターから、主力ロケット「H2A」で打ち上げられる。

 あかつきは金星の大気観測が目的で、さまざまな波長の光を5機のカメラでとらえる。今年末に金星から300〜8万キロの軌道に入り、2年以上撮影する予定だ。

 イカロスは、太陽光圧を14メートル四方の極薄の膜「ソーラーセイル」で受けて進む宇宙版ヨットで、成功すれば世界初の航行になる。木星など遠い惑星の探査に応用できるのかも探る。

 セイルは現在、円筒形の機体に折り畳まれているが、打ち上げ後に遠心力を利用しながら広がる。【奥野敦史】

【関連ニュース】
五輪リュージュ:JAXA開発の新型ソリ、効果実証されず
守ろう JAXAとユネスコ協力
金星探査機:「あかつき」5月18日打ち上げ
講演:JAXA教授、あす豊田・足助高で 生徒の写真、金星探査機に /愛知
的川博士の銀河教室:073 宇宙メッセージ・キャンペーン

<雑記帳>映画「みつばちハッチ」の製作発表 今夏公開(毎日新聞)
昨秋の郵便局200万円強盗、42歳男を逮捕 京都(産経新聞)
輿石氏が農地を無断転用 畑に車庫や道路…行政指導も解消せず (産経新聞)
降雪で転倒、26人負傷=9人が骨折か−東京(時事通信)
シュワブ陸上案を拒否=官房長官に伝える−沖縄知事(時事通信)
[PR]
by pw1cnqgvfp | 2010-03-15 19:18